トリマー資格を取得するなら

subpage-img

トリマーの主な仕事は、ペットの毛並みをトリミングして整えることです。
種類によってよりふさわしいスタイルがあり、飼い主の希望や理想に応える必要もありますので、高いトリミング技術が求められます。

トリマーの資格を理解するには正しい知識が必要です。

また、爪のカットや耳掃除など、健康面でのケアも大切な仕事のひとつです。

トリミング技術だけでなく、ペットの健康や飼育方法などに関する幅広い知識も必要となるでしょう。

トリマーには公的な資格は存在しませんので、なくても働くことは可能です。
しかし、実際には高度な技術や深い知識なしにはできない仕事です。
確かな技術や知識があることを証明するためにも、資格は取得しておいた方がいいでしょう。

ペットショップやトリミングサロンでの採用率も上がります。
民間団体が認定しているトリマー資格はたくさん存在します。

しかしそのほとんどは取得していてもあまり意味を持ちません。



取得するならもっとも知名度が高いジャパンケンネルクラブが主催するJKC公認トリマーがおすすめです。

技術レベルに応じて、C級・B級・A級・特別A級・教士・師範の6段階がありますが、就職を目指すなら、B級以上の取得が望ましいでしょう。JKCは独自の養成機関を所有していますので、JKC公認資格の取得を目指すならこの養成機関で学ぶのが近道です。効率的に仕事に必要な知識や技術を習得することができます。



なお、トリマー資格が取れるという通信講座もありますが、これはまったくおすすめできません。
学校と違い、生きた動物を相手にトリミングを練習するというようなこともほとんどできませんので、技術はほぼ身につかないでしょう。

top